AFFINGER5

【AFFINGER5】にGoogleアドセンス審査「AdSenseコード」を貼り付ける方法

2020年9月6日

グーグルアドセンス

 

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます!

 

りの
グーグルアドセンスに登録申請してみたけど、審査用の「AdSenseコード」をどこに貼ればいいのかわからない!

 

私は、WordPressの「WING  AFFINGER5」というテーマを使用してブログをかいています。

ブログをスタートして間もないので、グーグルアドセンスの審査用コードをどこに貼るのかすぐにはわかりませんでした。
(アドセンス申請早かったかな・・・)

 

同じような初心者の方は戸惑うのではと思い、「グーグルアドセンスの審査用コード『AdSenseコード』の貼り付け方」の手順を、忘備録も兼ねて説明したいと思います!

 

 

AFFINGER5にGoogle『 AdSenseコード』を貼り付ける方法

 

AdSenseコードは、「テーマヘッダー」のHTMLと言われるコードの中に貼り付けます。

では、早速手順を見ていきましょう!

 

ダッシュボードの「外観」→「テーマエディター」

まず、ダッシュボードを開き、メニューから「外観」を選択

「外観」のメニューの一番下にある「テーマエディター」を開く

 

 

 

WING AFFINGER5

テーマエディターを開くと、「WING-AFFINGER5  Child:スタイルシート」が開きます。

この画面の右上の方に、「編集するテーマを選択」とあるので、プルダウンメニューから「WING-AFFINGER5 」を選択。

「子テーマ(Child)」ではなく、「親テーマ」の方を使用します。

 

 

テーマヘッダー

編集するテーマ「WING-AFFINGER5 」を選択すると、下に「テーマファイル」が表示されます。

「テーマファイル」のメニューをスクロールして下の方にある「テーマヘッダー」を選択。

 

 

 

これで、「WING-AFFINGER5 」の「テーマヘッダー」の画面が表示されました。

AdSenseコードは、この「テーマヘッダー」のHTMLコードの中に貼り付けます。

 

<head>タグと</head>タグの間にコードを貼り付ける

HTMLのコードの11行目に<head prefix=・・・>とあるので、この行の下に「AdSenseコード」を貼り付けます。

この画面では見えませんが、下の方に</head>のタグがあります。

※<header>タグではないのでご注意ください

 

 

11行目を選択したら、Enterキーで改行して、1行スペースを作ります。

12行目の空いた行に「AdSenseコード」をコピーして貼り付けます。

 

 

 

AdSenseの審査待ち

 

12行目にAdSenseコードを貼り付けられたら、AdSenseの ”サイトにコードを貼り付けました”の左のチェックボックスに「チェック」をつけて、完了。

すると下の画面が出てきます。

 

 

閉じるをクリックすると次の画面が表示されます。

 

これですべて完了です。

あとは、GoogleAdSenseの審査を待つのみです!

 

アドセンス申請 ブレイクタイムのコーヒー

 

HTMLコードの画面を見ると、そこに足を踏み入れていいのか戸惑いますよね笑。

でも、手順通りに進めると簡単に貼り付けられることがわかりました。

 

お互い、審査に通るといいですね。

お疲れ様でした♪

 

 

 

スポンサーリンク

-AFFINGER5
-

© 2021 りのまど linomado Powered by AFFINGER5